本文へスキップ

新潟県小国町で採話した昔話「秋山のブツ」です。

小国の昔話 第三部/小国の昔話 data


秋山のブツ

永見 恒太

炉辺での昔語り昔があったてんがの。
秋山というとこはのう、山の中の山の中の、ごうぎな山の中らと。そこへつぁつぁとブツというせがれが二人して住んでいたと。かっかが死んで、明日が一周忌になるんだんが、つぁつぁが、
「ブツブツ、明日は、かっかの一周忌にならんだすけ、なあお寺へいってくれや。お寺の和尚さんは、黒い着物着ているすけ、すぐわかるすけ『あしたは、おらこのかっかの一周忌らすけ、お経一巻あげてもらいたい』というてこいや。」
というたと。ブツは「あい、わかったぜ」というて、家からとんでいったと。
ほうして、お寺へいってみたら、お寺の屋根のてっぺんに、黒いカラスがとまっていたと。ブツは、「これがつあつあがいうた和尚さんだな」と思うて、
「明日、かっかの一周忌らすけ、お経一巻あげに来てくらさい。」
というて、家へ来たと。家へ来ると、つあつあが、
「なあ、よくたのんできたかや。」
というんだんが、ブツは、
「よくたのんで来たぜ、和尚さまは、かあかあというていたぜ。」
というだと。つあつあは、
「ばか、そら、からすというんど。じゃまあお前じゃ用事が足らんすけ、おれがたのみにいぐが、なあ家でまんまたいてくれや。まんま炊けやいいばっかにしていたすけ。」
というて、お寺へ出かけていったと。
ブツは、ぼよをほしょって、かまどの下の火燃やしていたと。ほうしたら、そのうちにかまがぷーっと噴いて、ブツブツという音がしたと。ブツは、自分の名よばれたと思うて、そのたんびに返事していたと。いくら返事しても、ブツブツというて、とまらねんだんが、ブツは、ごう煮やして、釜の下の灰をまんまの中にあけてしもうたと。
そこへ、つぁつぁが、
「まんまできたかや。」
ともどってきたと。ブツは、
「あんまりブツブツというんだんが、ごうにやして灰入れてしもうた。」
というたと。つぁつぁは、
「ばからなあ、そうせや、法丈さまが来てもまんま食うてもらわんねねか。じゃまあしかたないすけ、おれがまやの二階へ、甘酒つくっていたすけ、まやのそら(馬屋の天井)から、あまざけおろそうと思う。なあは、それを下でとってくれや。」永見恒太
というたと。ほうしてまやのそらへあがってわらの下から、かめ出して、
「そら、ブツ、かめおろすすけ、けつしっかりたがけや。」
そういうたと。ブツは、自分のけつしっかりたがいて、つぁつぁが、
「しっかりたがいたか。」
というんだんが、ブツは、のうか一生懸命に自分のけつおさえたと。上の方じゃつぁつぁが「じゃいいかや」というて、手をはなしてしもうたら、かめは、下へガチャンと音がして落ち、あまざけいんなこぼれてしもうたと。
いきがすぽーんとさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の頒布について■

新潟県の民話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 平成6年以来「語りつくし越後の昔話」と題して、瞽女唄ネットワークは新潟県下各地にお住いの名人級の語り手による昔話を聞く会を開催してきましたが、その録音テープを元に再編集したCDを販売しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 越後の昔話名人選CDの内容・お申込み方法は、こちらから

ご感想について

この昔話に関するご感想や類似した昔話をご記憶の方は、「お力添えのメール」で是非お聞かせください。


お勧め瞽女の本
ご購入 Amazon.co.jp

<自動表示の宣伝>

瞽女唄ネットワーク事務局

〒940-2145
新潟県長岡市青葉台2丁目
14-10 鈴木宏政方
電話 0258-46-8054