本文へスキップ

新潟県小国町で採話した昔話「火伏せの地蔵」です。

小国の昔話 第三部/小国の昔話 data


火伏せの地蔵

竹部 一郎

昔、二本柳に庄屋をしていた「はば」という家があって、そこで三十三年の法事をしるてがんで、蔵にあるものを家に運びこんで、いい法事したと。そこに家に、ちいとあったかい下男がいて、その日、こっぴどく家の人におこられたと。ほうしたら、夜中に、その下男が腹たちまぎれに、はばの家へ火つけてしもうたと。先祖からつたわった宝物もくるくるやけになってしもうたと。
その時、馬屋の馬も焼け死んでしもうて、はばの家は、それからびっぼうしだしたと。
つぐの朝、火事のあとかたづけしるとってきてみたら、小さい足跡がついていたてんがの。
「こらぁふしぎ、なんで火事場へ、人の足跡なんかあるろう。」
と村の人が、その足跡についていってみたら、村の人がまつってある地蔵様の堂の中にその足跡が消えたと。
「こらぁ、おかしいなあ。」
と思って、村の人が中へはいってみると、地蔵様の片目が、つぶれたように怪我していたてんがのう。
竹部一郎「はあ、そうせば、あの火事場で働いて、火を消して、他のところへ火が着(つ)かんようにしてくれたがんは、この地蔵様らったがんだなあ。」
というて、その地蔵様のことを、火伏せの地蔵様というたと。
小国のことばじゃ「ヒグセ」というろも、それが、火伏せとやっとわかった。これは、マゴジサからきいた話だ。それから、火事よけの地蔵様というようになった。
その時、やけ死んだ馬が、あんまりかわいそうらてがっで、二本柳の土手に馬頭観音がたっているが、焼け死んだ馬の骨も埋めてたったということらの。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の頒布について■

新潟県の民話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 平成6年以来「語りつくし越後の昔話」と題して、瞽女唄ネットワークは新潟県下各地にお住いの名人級の語り手による昔話を聞く会を開催してきましたが、その録音テープを元に再編集したCDを販売しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 越後の昔話名人選CDの内容・お申込み方法は、こちらから

ご感想について

この昔話に関するご感想や類似した昔話をご記憶の方は、「お力添えのメール」で是非お聞かせください。


お勧め瞽女の本
ご購入 Amazon.co.jp

<自動表示の宣伝>

瞽女唄ネットワーク事務局

〒940-2145
新潟県長岡市青葉台2丁目
14-10 鈴木宏政方
電話 0258-46-8054