本文へスキップ

新潟県小国町で採話した昔話「星の精」です。

小国の昔話 第三部/小国の昔話 data


星の精

粕川 くら

炉辺での昔語りとんと昔があったげろ。ある村にひとりものの兄(あん)さが、山で畑仕事していたと。そこへきれいな娘が通ったので、どこの人らろうと思っていたと。ほうしたら、またつぐの日もそのあたりへきて、へらくらしていたんだんが、兄さは、
「なあ、どこの人だい、どこへいぐがんだ。」
ときいたと。ほうしたら娘は、
「おら前には、天に住んでいたんだろも、流れ星で下界へおってしもうて、行くどこもなくて、こうしてぶらぶらしている。天からおった星の精だ。」
といったと。娘があんまりしょぼんとしているんだんが、兄さは、
「それは気の毒だ。おらこは、おれひとりだすけ、おらこへこねいか。」
というたら、
「なじょもお願いします。」
というて、ついてきたと。
娘は、見慣れ、聞き慣れして、まんまも上手にたいてくれるし、二人は、都合よく暮らしていたと。
そうしたら、それを天の近くに住んでいる鬼がかぎつけてきて、いろいろ難題しかけるだと。ある日、兄さが山で仕事している所へ紙が落ちてきて、何が書いてあるがだろうと思ってみたと。ほうしたら、紙には、
「おまえは、嫁をもらったてんが、灰縄じょらんをこしらえて持ってこい。持ってこないと嫁を引き取ってしまう。」
と書いてあったと。兄さは、たまげて、家へとんできて、あねさに相談したと、あねさは、
「そっげのがん、じょうさもない、おがこしらってやるすけい、村の若い衆五、六人頼んで下され。」
というがだと。あねさは、藁をよくたたいて、力まかせに、若い衆から太い太い縄をなってもらい、灰火の上で、上手にもやして、きれいになったら、くずれねようにいれもんにのせて、山のふもとへ置いてきたと。
天女のイラスト四、五日めると、また兄さが山から紙もって、心配げに来たと。また何かあったと思うて、あねさが紙をめると、こんどは、
「打たぬ太鼓に鳴る太鼓、「うっすきずのう」に「そでかぶり」(不明)をこしろうて来い。」
と書いてあったと。あねさは、
「そんげのがんじょうさもねえ。」
というて、二つの粉ふるいの底を抜いて、両方へ丈夫な「きがみ」(和紙)張ってあわせ、中に蜂を一匹入れておけば、中で蜂があたけて、ボンボン音がしるすけ、それもっていげと教えてくれたと。
こんだ三番目に、天の羽衣を持ってこいと紙に書いてあったんだんが、またあねさにいうたら、あねさは、
「そらあ大へんだ、羽衣はめんどうで、困った、困った。」
というているうちに、いつのまにか、あねさは、さらがわれていってしもうたと。
あねさは、鬼のばんばにいってみると、鬼は、夜になると、唄ったり、踊ったりするがだと。ほうしてあねさに「笛を吹け」というんだんが、あねさは、
「亭主のどこへ行きたい、亭主のどこへ行きたい」と吹いたと。鬼は
「ああ、上手、上手。」
とほめたと。あねさは、こんどは、
「おらこの亭主は、おれよかもっと上手だぜ。」
というたと。ほうしたら鬼は、
「じゃ、ここに亭主を連れて来て、どっちが上手だか、俺の前で吹いてみれ。」
というて、二人して一緒に吹くことになったと。
あねさは、
「亭主と一緒にいきたい。亭主と一緒にいきたい」と吹いたら、兄さが、
粕川くら「かかと一緒にいきたい、かかと一緒にいきたい」と吹いたと。
そうしているうちに、鬼は、あんまりおきょうすい(はしゃいで)て踊り疲れて、ばたんと寝てしもうたと。あねさは、この間に逃げようと思うて、天の方向いて、
「くじゃくほう、くじゃくほう」
とよんだら、孔雀が二羽ぱっぱっと来て、二人が、それにのって、あねさが、また、
「くじゃくほう、くじゃくほう」
というと、パッパーと下の方へつれてきてくれて、二人は、しあわせにくらしたと。
それで、いきがぽんとさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の頒布について■

新潟県の民話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 平成6年以来「語りつくし越後の昔話」と題して、瞽女唄ネットワークは新潟県下各地にお住いの名人級の語り手による昔話を聞く会を開催してきましたが、その録音テープを元に再編集したCDを販売しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 越後の昔話名人選CDの内容・お申込み方法は、こちらから

ご感想について

この昔話に関するご感想や類似した昔話をご記憶の方は、「お力添えのメール」で是非お聞かせください。


お勧め瞽女の本
ご購入 Amazon.co.jp

<自動表示の宣伝>

瞽女唄ネットワーク事務局

〒940-2145
新潟県長岡市青葉台2丁目
14-10 鈴木宏政方
電話 0258-46-8054