本文へスキップ

新潟県小国町で採話した昔話「ふりやのもりや」です。

小国の昔話 第三部/小国の昔話 data


ふりやのもりや

山崎 正治

炉辺での昔語りとんとむかしがあったてや。
あるろこへ、金沢みてようのごうぎな旦那様があったてや。
ある年の「そうたいぎょう」(収穫祝い)の晩に村じゅうの子供をいんなよんでいっぺいごっつぉうして食わしたてんがの。夕飯がおいると旦那様は、でっけえへんなか(いろり)のまありに子供を集めて、どんどんどんどん火を焚いてあたらしたてや。ほうして、
「ねらねら、この世の中でいっちおっかねいがんは何だや。」
そういうて子供しょに聞かしったてんがね。子供しょは思い思いに、
「おら、おおいんがいっちおっかね。」
「おら、くまがいっちおっかね。」
と、一人ひとりが自分で一番おっかねいもんをさべり出したてんがの。
ちょうどそんどき、でっけいおおいん(おおかみ)が一匹旦那様の庭へ忍びこんでいて、この話し聞いていたてんがね。
「こらあおもしい、いったいこの世の中でいっちおっかながられているがんは……やっぱりおれ様らろうな。」
そう思うてじっと聞いていたてんがね。
家の中じゃ子供しょが、
「おらおおいんがいっちおっかね。」
「おれもおおいんがいっちおっかね。」
と、ガヤガヤ話しているんなんが、外で聞いているおおいんは、
「そうれみろ、此の世の中でいっちおっかながられているがんは、やっぱりおれ様らな。」
そう思うて、ニヤニヤ笑うていたてや。
なるほど、中にはくまがおっかねいの、きつねがおっかねいのという子供もいたろも、大方の子供は「おおいん」がいっちおっかねいのていうたてんがね。それまで「そうかそうか」とニコニコしながらいんなの言うがん聞いていた旦那様が、
「おばおば、なあさっきなから黙っていて何とも言わねいが、なあは一体何がいっちおっかねいがだや。」
そういて隅っこにちょこんと座っていた女の子に聞いたてんがね。ほうしっとその女の子は、
「おら、おおいんもおおかみもおっかんねいうも、ふりやのもりやがいっちおっかね。」
そういうたてんがの。ほうしっと旦那様が、
「ほうかいほうかい、なあはふりやのもりやを知っていたかや、感心だ感心だ。」
と、なじょんがほめたてや。
さあ、それを外で聞いていたおおいんがたまげた。
「この世の中でいっちおっかながられているがんは、このおれ様らと思うていたら、とんでもねい。ふりやのもりやなんていうごうぎながんがいたとは知らんかった。ぐずぐずしていてふりやのもりやにつかめられたらおおごっだ。早く逃げよう。」
そう思うてコソコソと旦那様の庭から逃げ出して、道へ出るとクヮランクヮランと山へ向うてとび出したてや。
村のはずれに「いち」という家があって、そこのじさまがそんどきちょうどしょうべんこき(小便)へ起きて外へ出て「ションションションション」と小便こいていたてや。ほうしっと向こうの方から何だやらクヮランクヮランととんで来るがんがあるんなんが、「あっこらおおごっだ。旦那様の馬(ま)が逃げて来た。こら一つつかめねけやならね。」
そう思うて、とんで来たおおいんの背中へ、
「ビョーン。」
ととびのってくびんたまへしっかりしがみついたてや。たまげたがんはおおいんだ。
「ウワー、おおごっだ。ふりやのもりやがおれにとびついた。」
そう思うたんなんが何とかしてふり落とそうとしてピョンピョンピョンピョンあっちへはね、狼のイラストこっちはねして体いさぶったてや。
いちのじさまあ、
「落とさってたまるんだな。」
てがっで、しかもしっかり首んたましめつけたてや。おおいんは、
「こらあいよいよふりやのもりやに殺される。」
てがっで死ん物ぐるいでとんでいったてや。
いちのじさまあ途中なかれ気がついたてや、
「おかしい、馬(ま)にしちゃパカパカ音がしねし、たてがみがねい。」
そう思うたんなんが、しっかりつかまったまんまよーく見たら、「さあおおごっだ、ま(馬)らと思うたらこらあおおいんだ。
とんでもねいがんに乗ってしもうた。どうしたらいいろ。」
こっだいちのじさまがおっかながりだした。ちょうど道が山へかかったろこへ炭焼きの穴があったんなんが、いちのじさま、
「ピョーン。」
とおおいんの背中からとびおりて、その穴ん中へ逃げこんだてや。おおいんは喜んで、
「ああよかった。ふりやのもりやをやっと背中からから落とした。だあろもこのまんまにあしておかんね。」
てがっで、山ん中へ逃げて来て、
「オーン、オーン。」
と吠えて山じゅうのけだもんを呼び集めたてんがの。今頃なんだろうといんなが集まって来たんなんが、おおいんは、「いんな集まったか。今晩(こんにや)おれはふりやのもりやてがんに首んたまへとびつかれてもうちっとれ殺されるろこらった。やっとふり落したろもそいつあ炭焼穴ん中へ逃げこんだ。どっげなやつらか見とどけねけやならん、誰か行って見て来い。」
そう言うたてんがの。いんながガヤガヤガヤガヤ騒ぎ出したろも誰も行ぐがんがいねい。
「いたち、なあチョロチョロしてはしっこい(賢)すけ、なあ行って来い。」
「いやいやとてもとても、おれなんかちんこくて、もうてなし(いくじなし)れとても駄目ら。」
「さる、なあ頭がいいとていつも威張っているすけ、なあ行って来い。」
「いやあとてもとても。おら木の上(えべ)らけやええろも、穴んなかあ苦手、駄目だめ。」
誰でもおれが行ぐてがんがなかったと。
そこへ兎がひょこんひょこんと遅れて来たと。「あ、兎、なあ遅(おそ)なって来てけしからんすけ、なあがふりやのもりやを見届けて来い。」
ていうことんなってよくわけの分からんうちに兎がやらされることになったと。兎は仕方ねえんなんがひょこんひょこんと出かけたと。
さあ、いちのじさまあどうやら穴ん中へ逃げこんだろも、いつおおいんが飛び込んで来るやらわからねえんなんが、もし入って来たらどうしょうかと思うて穴の奥へさずんで(息を殺して)いたてや。ほうしると何かがぴょこんぴょこんと入って来たんなんが、さてはおおいんが来たかと、よーく見たら兎らてんがね。
「なあんだ兎か、ようしつかめてくれる。」
兎は外から入ったばっかで中の様子が分らねんなんが、どんどん中へ入って行ってじさまの前まで来たんなんが、じさまあ、ちょこーんと兎のしっぽをつかめたと。その頃の兎はしっぽが長くて耳が短かったがだと。兎あたまげて、
「助けてくれー、ふりやのもりやにつかめられたー。」
と大声出したと、さあ外でどうなるやらとおっかなおっかな待っていたけだものたちは、
「さあおおごとら、兎がふりやのもりやにつかめられた。助けねけやならねい。」
てがっで、兎の耳たがいて、
「よいしょ、よいしょ。」
山崎正治と引っ張ったてや。いちのじさまあ、
「逃がしてなるんだな。」
と死ん力出して引っ張ったなんなが、兎の耳はだんだん長くなり、しっぽはとうとうプツンと切れてしもたてんがの。
それから兎の耳あ長なったし、しっぽあ短かなったがだと。
ほうして兎はあんまり痛いなんが
「おいおい、おいおい。」
と泣いたんなんが、目がまっかんなったがだと。
ふりやのもりやてやな、雨が降るとバシャバシャバシャバシャ雨がもるような貧乏家のことを言うたがだと。これでいきがスポーンとさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の頒布について■

新潟県の民話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 平成6年以来「語りつくし越後の昔話」と題して、瞽女唄ネットワークは新潟県下各地にお住いの名人級の語り手による昔話を聞く会を開催してきましたが、その録音テープを元に再編集したCDを販売しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 越後の昔話名人選CDの内容・お申込み方法は、こちらから

ご感想について

この昔話に関するご感想や類似した昔話をご記憶の方は、「お力添えのメール」で是非お聞かせください。


お勧め瞽女の本
ご購入 Amazon.co.jp

<自動表示の宣伝>

瞽女唄ネットワーク事務局

〒940-2145
新潟県長岡市青葉台2丁目
14-10 鈴木宏政方
電話 0258-46-8054