本文へスキップ

新潟県小国町で採話した昔話「狐の仕返し」です。

小国の昔話 第三部/小国の昔話 data


狐の仕返し

粕川 えつ

炉辺での昔語り昔あったげろ。
法印さまが峠にさしかかったら、狐がきもちよげに寝ていたと。法印さまは、この狐にわさしてやろうと思って、もっていたほら貝を狐の耳にあてて「ばあ」と吹いてたまがしたと。狐は、たまげてとびあがって、後ろ見い見いどこかへ逃げていってしもうたと。
そのうちに、たちまち日が暮れてしもうてんがのう。法印さまは、これは、大へんだと思うて、早帰らんけゃならんと思うたろも、真っ暗になってしもうたと。ちょうどそばへ、山仕事に使う仕事小屋があったんだすけ、
「ここにこしかけて、夜が白むまでまっていようぜ。」
とはいっていったと。よく見たら、小屋の隅に、棺桶みていのがんが、おいてあるだと。
「こらおっかねぜや」と思っていたら、その棺桶の中から「法印さま、法印さま」とよばる声がして、中から手が一本でてきて、また「法印さま、法印さま」とよばるがだと。法印さまはおっかなくて、あとじさりして、小屋の外へ出たと、ほうしたら、ごうぎなゆうれいが出て来て、法印さまは、たまげて逃げたと。ほうしると、がんくらおち(崖からおちて)して、ずどーんと下の方へおったと。下じゃ昼間で、人が田んぼの中で、たなぐさとりしていたと。狐をたまがしたんだんが、狐がおこって、仕返ししたがんだと。
いきが、すぽーんとさけた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の頒布について■

新潟県の民話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 平成6年以来「語りつくし越後の昔話」と題して、瞽女唄ネットワークは新潟県下各地にお住いの名人級の語り手による昔話を聞く会を開催してきましたが、その録音テープを元に再編集したCDを販売しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 越後の昔話名人選CDの内容・お申込み方法は、こちらから

ご感想について

この昔話に関するご感想や類似した昔話をご記憶の方は、「お力添えのメール」で是非お聞かせください。


お勧め瞽女の本
ご購入 Amazon.co.jp

<自動表示の宣伝>

瞽女唄ネットワーク事務局

〒940-2145
新潟県長岡市青葉台2丁目
14-10 鈴木宏政方
電話 0258-46-8054