本文へスキップ

新潟県小国町で採話した昔話「おっかかのたね」です。

小国の昔話 第三部/小国の昔話 data


おっかかのたね

関ロ タミ

炉辺での昔語り秋山というところは、ずいぶん山の中で、その話でございます。そこへじさとばさと二十歳の息子が住んでいたそうです。せがれは二十歳になるろも、ちいと知恵がおくれて、ぼんぼんという子があったそうです。
春がきて、二人してへんなかへあたっていると、じさが、
「かか、かか、春も来たようらが、きょんな(去年)里へ下りたら、めぃだんごこしょうてもらうて食うたが、ことしは、種まいて、ねらにも食わしたいと思うが、それには、里へ種買いにいがんけならねい。いってこうねか。」
と話したと。それをぼんぼんが聞いていて、
「とっつあ、おが里へいってみたいすけ、おが行ぐ。」
というてんがの。かかが、
「ぼんぼん、なあ里へなんかいったことがないだすけ、そんげのこというろも、里てやなあ、遠いところで、いがんねぜ。」
というろも、ぼんぼんは、
「おが里へいってみたいすけ、おが行ぐ、おが行ぐ。」
というがだと。かかは、承知して、
「ぼんぼん、なあもへえ、いい年になったんだんが、里は、まっすぐの道らすけ、行がれるかわからんすけ、あした天気がいかったらいぐらぜ。」
というて、その晩は、いんなが休んだと。
次の朝、かかは、朝早く起きて、外見ると、お天気げらんだんが、里へ、ぼんぼんを種かいにやろかと、どうろまんま炊いて、でっけいやけめし二つにぎって、そんに味噌どうろつけて、へんなかでこがこが焼いて、ほうの葉二枚でくるんでできたと。こんだぼんぼん起こそいやと思って、部屋へ行ぐと、ぼんぼんはへえおきていて、こぎれこぎれした着物に着がえて「おが行ぐぜ」というて、喜んで出て来たてんがの。
とっつあとかかが、
「ぼんぼん、なあは、里へ粟の種三つかみ買いに行くがだ。よくおぼえていれ。」
というて、かかのこしょうてくれた巾着の中に銭入れて、腰にいつけてくれる。かかのこしょうたやけめし二つ手拭いに包んで首にかけてくれる、してくれたと。
「ああいってこい。道まちこうな。」
というて、二人して送りだしたと。ぼんぼんは喜んでいさいさ山へあがって、だんだんいぐがだと。
ほうしると、ばかげにみはらしのいいどこがあつたんだと。
おら、ここでひとつやけめし食うかなと、腰おろして、食い出したら、めえくてめえくて、ひとつは、帰りに残しておけというがだろも、二ついんな食うてしもうた。二つくって、「ああまかった」というだろも、のどがへて、のどがへて、どっかへ水がねえかなと思ってみると、川があったてんがの。そこへ寝そべって水をごくんごくんと飲んで、歩き出すと、腹がおかしな音がして、ぶっと屁が出たてんがの。「おっかおか」というと、またぶっと出て、「おっかおか」というていたと。そのうちに、粟の種三つかみ粟の種三つかみというて来たがん忘れてしもうて、「おっかか三つかみ」というてしもうた。ほうして、里の店へはいって、
「おっかかの種三つかみ買いに来たが、あるろうか。」
ときくと、店の人が、
「そんげのがん、ねえのう。」
というんだんが、別の店へいってみると、またない。ほうして、店の亭主が、
「おっかおかというろも、それてや食うんだかい。着るんだかい。」
ときいたと。
「おらこのとっつあが、里へいってもらって食ったら、めえだんごらったというんだが、食いもんだろう。」
というたと。ほうしたら店の人が、
「おっかかの種なんて、ないろも、そばの種三つかみやるすけ、それもっていってみれや。」
というて、そばの種あつけたと。ぼんぼんは、それもらって、喜んで家へ帰っていったと。
家の方じゃ、ぼんぼんが初めて里へいったんだんが、道まちがんでこいばいいがと心配して、またしっちゃおんにゃへ出てみたと。そのうちに、ぼんぼんが帰って来て、
「ぼんぼん行ってきたか、よした、よした。さあ、まんま食うか、湯(よ)へへぇるか。」
とはやしたっていると、とっつあも来て、
「種こうて来たか。」
というと、ぼんぼんが、
「ああ、こうて来たぜ。」
関口タミというて、出してみせたと。それは、黒い種だんだんが、「おが見た種らかなあ」と思ったろも、しまっておいて、それを畑へまいてみると、芽が出たと。それが花が咲いて、実がなってから、木挽きどんが来たんだんが、粉に挽いて、あつい湯入れて、塩入れて飲ませるとなじょんかめぇとよろこんだと。それを鉢へ入れてこねて、だんごつくって、食ってみると、ばかげにめぇかったと。それが村中の評判になって、どこでもそばつくるようになったと。
「ばかのぼんぼんというろも、たいしたもんだ。」
と村中で、ぼんぼんほめたと。
これでいきがぽーんときれた。


■「越後の昔話 名人選」CD(全11枚)の頒布について■

新潟県の民話名人選CD

越後の昔話名人選CD
 平成6年以来「語りつくし越後の昔話」と題して、瞽女唄ネットワークは新潟県下各地にお住いの名人級の語り手による昔話を聞く会を開催してきましたが、その録音テープを元に再編集したCDを販売しております。
 優れた語り手による昔話は聞いて楽しいばかりでなく、民俗学的にも貴重な資料となっております。活字でしか接することが難しくなってきた昔話を、語り伝えられた土地の言葉でたっぷりとご堪能ください。
 越後の昔話名人選CDの内容・お申込み方法は、こちらから

ご感想について

この昔話に関するご感想や類似した昔話をご記憶の方は、「お力添えのメール」で是非お聞かせください。


お勧め瞽女の本
ご購入 Amazon.co.jp

<自動表示の宣伝>

瞽女唄ネットワーク事務局

〒940-2145
新潟県長岡市青葉台2丁目
14-10 鈴木宏政方
電話 0258-46-8054